【第1回】ヒートマップ分析ツール「Hotjar」が、便利でお手頃すぎる!

hotjar

マルタ島で生まれたヒートマップ分析ツール「Hotjar」。非常に手頃な価格で本格的なヒートマップ分析ができるオススメのツールです。競合である、PtengineMouseFlowといったツールと比較しても割安で、分析に十分な機能を得ることができます。

しかしこのツール、残念ながらまだ日本語でのサポート・ドキュメントが用意されていません。そこで、当サイトでは「Hotjarで何ができるのか」「どうやって使うのか」を複数回にわけて連載して行きたいと思います。全11回の連載を通して、日本語ドキュメントがなくても、基本的な使い方をマスターすることが目標です。

続きを読む

記事の直帰率を改善して、Googleの順位が上昇するまで

当社が運営している旅行メディア Fish&Tips では、ユーザの満足度を維持するために、記事ごとの「直帰率」を定期的にチェックしており、特に「訪問者が多い」のに「直帰率が高い」記事のページを、優先的に改善するようにしています。

ここでは、2015年12月の最終週は92.0%だった直帰率を、62.8%まで改善した、『イタリアで「お土産」に買いたい物 20選』という記事の直帰率改善方法を共有させて頂きます。特に、コンテンツには自信があるのに、直帰率が高くて悩んでいるサイト運営者の方に、参考にしていただければ幸いです。

イタリアで「お土産」に買いたい物 20選
http://fishand.tips/column/c_italy/italian-souvenir/

続きを読む

サイト運営者がHotjarの「ビデオ分析」を活用する4つの理由

「ビデオ分析」はHotjarの中で最もユニークでパワフルな機能です。この機能を使えば、サイトを訪問したユーザの行動が「ビデオを見る」のと同じような感覚で把握することができます。
※ Hotjar内では、ビデオ分析機能のことをレコーディング(Recording)と呼んでいます。

この記事では、世界中のサイト運営者が「ビデオ分析」をどのように活用しているか、Hotjarの行った調査の結果を基に、ご紹介していきたいと思います。

実際のビデオ分析レポートはこちら(メディアサイト) »
実際のビデオ分析レポートはこちら(投稿ページ) »

続きを読む

Hotjarを活用して「クライアントの信頼」を勝ち取る為の5ステップ

クライアントから信頼を勝ち取り、安定的な収益に結びつけたいと考えているWeb制作会社・コンサルタント・広告代理店は多いのではないでしょうか。

この記事では、日本ではまだ知名度の低い「Hotjar」の機能をフル活用して、効果的な「サイト分析と改善策の提案」を行い、クライアントから長期的な信頼を勝ち取るためのヒントをご紹介したいと思います。

クライアントの信頼を勝ち取れば、継続的に「サイト改善のための制作作業」や「定期的なサイト分析」といった仕事を増やすことにきっと繋がるはずです。

続きを読む

Hotjarを使ってユーザからのフィードバックを集める方法

弊社では、「ビデオ分析」と「ヒートマップ」をHotjarの主力機能として皆様に紹介しています。この2つの機能は、「何が問題でユーザが離脱しているのか?コンバージョンしていないのか?」を把握できるようにする事で、具体的な改善策を立てる際に活用できるデータを提供してくれます。

実はHotjarでは、この2つとは異なるアプローチでUIやコンテンツのユーザビリティの改善をサポートする「3つのフィードバック機能」がデフォルトで提供されています。今回はこれらのフィードバック機能の活用方法について解説して行きたいと思います。

続きを読む

人気旅行サイトの「SEOキーワード戦略」を徹底分析

当社はFish&Tipsという海外旅行メディアを共同運営しています。このサイトのSEOトラフィックを伸ばすヒントを得るために、ここ数年で急成長した2つの旅行メディアを分析した事がありました。この記事では、その分析結果について共有させて頂きたいと思います。競合のSEOキーワード戦略の分析に興味がある方や、メディアのトラフィックを成長させて行きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

直帰率と平均セッション時間の罠を知って、ユーザ満足度を改善する方法

直帰率の高いページを特定するのに、Google Analyticsのランディングページ分析を使用している方は多いかと思います。各ページの「直帰率」および「平均セッション時間」を確認していると、かなりの時間と手間をかけて作ったコンテンツの直帰率が高くて、驚いたことは無いでしょうか?

一般的に、「直帰率」「平均セッション時間」はユーザのサイトに対する満足度を表す指標として使われています。なので、Google Analyticsで直帰率が高いと「自分のページはユーザを満足させていない!」と思ってしまいがちです。

続きを読む